引越しの挨拶は欠かさずに

仕事や学校、家族などの都合で人は、住まいを変えることがよくあります。

まず、初めにすることは住む場所を決めることです。

自分に便利な沿線にすることが多いですが、やはり賃貸の場合は家賃も関係します。

引っ越し前にすることは、公共の電気やガスなどを止めてもらうことです。

また、移転先に郵便を届けてもらうために近くの郵便局で転送の届けをだすことです。

最後は、役所で住民票の転出届をもらいます。

そして、無事に引っ越しが済むと次は色々な転居手続きがあります。

まず、部屋の電気やガスの開通です。

これは、不動産屋がしてくれる場合と、その部屋の借り主がする場合があります。

次は、最寄の役所にいき、住民票の転入届をしておきます。

また、会社員などは健康保険がありますが、無職や自営の時はこの役所で国民保険にも加入しておきます。

その際に、国民年金の住所変更もしてもらえます。

そのあとは、自分の持っているクレジットカードなどの住所変更です。